年上彼女欲しい人がかわいい彼女を作るには?

vrUjH2dx
彼女欲しい人の望みの中でも人気が高いのは年上彼女です。引っ張っていく安心感や、年下の子供っぽさではなく、年上の大人と言う雰囲気があるので、密かに人気が高くなっています。年上彼女をゲットするにはどうすればいいのか、欲しいと思っている人は必見です。

年上彼女を作るのは大変?

年上彼女を持っているという人は、何をきっかけに付き合うようになったのでしょうか?一番多いのはやはり「会社の上司」や「同僚」などといった関係や学生時代の先輩、近所の幼馴染などです。

そうした繋がりがあればいいのですが、近所にそう言った関係の人が居ないという場合はどうすればいいのでしょうか?現在ではSNSで相手探しをすることができます。意外と30代、40代の女性が利用しているので、探してみるとフリーの女性はたくさん見つかりますよ。

かわいい年上彼女との付き合い方とは?

年上と付き合うと重そうなんて話をよく聞きますが、それは一番女性側の方が分かっていることかもしれませんね。そのため、できるだけ年齢を明かさないようにしているそうです。

また、誘っても年上女性の方から断られることもあるそうですが、実は誘ってほしいと思っているのが本心。彼女を作るためならちょっとした強引な一手も必要です。

年上女性を口説くには

年上の女性を口説く方法としては、「言って欲しい」と思っている言葉を確実に相手に伝えることです。見え透いて「若いですね」なんていうとバカにされている!と勘違いさせてしまうかもしれませんので注意してくださいね。

大切なのは誠実さを見せることです。あなたとは遊びでなく、お付き合いをしたい、ときちんと伝えてあげましょう。最初は断られるかもしれませんが、根気よく続けてみましょう。

年上でも女性には変わりない

女性はいくつになっても女性です。年上彼女と言っても、甘えてばかりいたり、頼ってばかりいるのはNGです。たまには自分の男らしい一面を見せてあげて、いつでも自分は頼られても構わないとアピールしてあげてください。

また、女性の場合はサプライズに弱く、いつでもムードを作る、ドラマチックな事を求めています。誕生日にサプライズパーティーを行ったり、ちょっとしたドッキリを用意したりなど、刺激的な事をしてあげてください。

意外と普通の恋愛には飽きていて、違ったことをしたほうが惹かれるということもあるでしょう。相手の女性がどのような人かで変わりますが、年上彼女ということに胡坐をかかず、きちんと付き合って欲しいものです。

年上彼女欲しい人しか知らない年上彼女の魅力

lFQ8Ccy2

大抵の男性は自分より年下か同い年くらいの女性が良いと言うものですが、年上彼女を選ぶ人はどういった理由で選んでいるのでしょう。私たちが知らないだけで、本当は魅力がたっぷり詰まった年上彼女。これを読むと「やっぱり欲しい」と気持ちが変わってしまうかもしれませんね。

年上彼女の魅力

年上彼女の魅力と言えばなんといってもその包容力ではないでしょうか。大人ならではのスキルとも言えますし、現代ではなかなか甘える相手のいない社会人男性の癒しの存在として年上彼女に甘えることができるでしょう。

また、ちょっとしたときにも相談をして頼りになる返事を受けることができるのは、自分よりも人生経験が長くないとできませんよね。

こう言った時に頼りになる

例えばあなたが仕事に失敗してどうしようもなくへこんでいるとき、年下彼女に頼るのはちょっと恥ずかしいと思ってしまいますが、年上ならば幾分か気楽に話すことができませんか?自分よりも長く生きているというだけで、その安定感が違います。

また、逆に彼女の方がへこんでいたとしても気の利いた言葉をかけようとしているのが伝わればそれだけで満足してくれるはずです。

年上彼女のかわいい一面

年上彼女がいる人に「どんなところが可愛いと思いますか?」と聞いてみると、大抵「時々甘えてくれるところ」や、「年上らしくないワガママを言われるとときめく」といったようないわゆるギャップ萌えが魅力として挙げられます。

普段はツンツンしていて引っ張ってもらっている存在なので、たまにそう言った一面を見せられるとこちらとしてもドキリとしてしまうのは当然ですよね。

考え方が気楽になれる

年下の彼女と付き合っている男性は、自分がリードをしなければと焦ってしまい、それが元で別れてしまう原因になるそうですが、年上の場合は意外とさっぱりしているので、お互いの時間で行動することができるそうです。

たとえばデートでも若い子のようにトレンドの場所に行きたがったり、外出ばかりをねだるのではなく、「今日は家でまったりしよう」なんてことを言いだすのも年上ならではです。そんな事を言ってくれる女性が欲しいと願っている人は結構多いようで、これも欲しいとおもう魅力の一つですね。

意外とこんな面もある

彼女欲しいと思っている人は、一緒に居て癒されるパートナーを欲しがっています。そのため、どちらかと言えば気を遣いすぎるよりも、友達の延長線といった意識の人もたくさんいるようです。

そんな男性の心理をわかってくれるのも、年上だから出来ることではないでしょうか。欲しいと思う人が増えるのも納得です。

年上彼女欲しい人が女性の心理を読む力をつけた方がいい理由

rym_9v9I

年上彼女は年下の彼女よりもある意味付き合いにくいかもしれません。実際に年上と付き合っている男性の話を聞くと、「よくケンカする」という話を聞きます。ケンカをせずにうまく関係を築いていくには、女性の心理をしっかりと読み込むことが大切になります。年上彼女欲しいと思っているならきちんと理解してくださいね。

年上女性の心理は読みにくい

「女心と秋の空」なんて言葉がある通り、女性の心を読み取るには大抵の努力では身に付きません。また、経験人数が多くないとそのスキルを得ることはできませんし、何百人もの女性を相手にしているホストなども新しい女性に出会うと全く勝手がわからないそうです。

もちろん、女性だけでなく、人間全員に言うことができますが、特に意中の相手の心は読みたくても読めませんよね。そんな心を全て読まなくても、ちょっとした心理学をかじるだけで相手が欲しいと思っている気の利いた事を言えるようになるかもしれません。

男性には理解できない行動も

年上彼女は時に男性には理解できない事をしたりします。その行動に理由を付けるために、男性は女性の心理を知っておくことが必要になるのです。自分の気持ちと関係のないところで色々な行動をしてしまう女性に対して「どうして?」と聞いても明確な答えは帰ってこないでしょう。

というわけで、聞くのではなく理解できるようになってあげましょう。そうすることで、女性には自然と「この人は私の事をわかってくれている」と安心感が生まれるのです。

独占欲を満たしてあげる

年上彼女は意外と独占欲が強いものです。それを知らずに付き合っていると痛い目に合うかもしれません。たとえば男性側としてはちょっとした飲み会に女性が居ることは特に問題ないと思われるかもしれませんが、女性にとっては大問題です。

自分が年上と言うことはその分ハンディを持っているのと同じです。「やっぱり同い年や年下の方が良いのかな」なんて不安を抱えているかもしれませんので、しっかりとケアをしてあげましょう。

年上彼女の心理とは

彼女となると、いろいろと考えることが多くなります。特に女性になると付いて回るのは「結婚」という単語です。女性側としてはそういった確実な言葉を欲しいと願うもの。そんな欲しいと思っている言葉を的確な状況で言ってあげることができる男性になりましょう。それも年上の女性と付き合うポイントなのです。

「分かってる」は禁句?

年上の女性口ケンカをした時に、「分かってる」というと確実に悪化します。なぜならば女性には「どうせ私の事なんてわかってないくせに!」という思考があるからです。もちろん全員がそうだと言いませんが、言って欲しいとは思えない台詞ですので気軽に口にする言葉ではありません。

年上彼女欲しい人が甘え上手になった方がいい理由

Et1AZG9N

年上の女性と付き合うにあたって、これだけは踏まえておきたいもの。それは「甘え上手になる」という事です。年上の女性を落とそうと狙っている人や、年上彼女欲しいと思っている人はぜひとも身に着けたい能力ですね。

甘え上手な男性になるには

一般的に甘えるというと、なんだか男らしくないと思われるかもしれませんが、男性が甘えるのは行動的な部分ではなく、言動的な部分を指します。たとえば「ちょっと頼みたいんだけど」と切り出してお願いごとをしたり、仕事で疲れている身体を癒してもらおうとマッサージを頼んだりといろいろな方法があります。

また、年下であることを活用して「お願い」と頼みごとをするのもいいかもしれませんね。たとえ恋人同士でなくても、「仕方ないなぁ」と聞いてくれるかもしれません。そう思わせるのが甘え上手の基本です。

甘えてばかりでは逆効果

甘えて母性本能に頼ると言うばかりでは、年上彼女も疲れてしまい甘え上手とは言えません。そこで、甘えるタイミングを掴みましょう。タイミングの見極めは相手の性格にもよりますが、疲れてそうな時や、機嫌の悪そうなときは控えるのが普通です。

また、甘やかしてくれたらその分お礼をするのも当然です。お礼と言ってもものばかりでなく、仕事で返したり、普段のちょっとした部分で返すのがベターですね。

年上彼女にも甘えさせてギャップ萌えを狙う

いつもは甘えてばかりの男性がいきなり男らしい面を見せたら、それだけでドキリとときめいてしまいます。「いつも甘えてばかりの癖に、こういうときには頼りになる」と思わせるのがポイントです。年上彼女には癒しが欲しいときに求める、いつもだらだらしないという行動を心に刻んでおきましょうね。

相手もちゃんと女性という事を心に刻む

年上だからと言って甘えてばかりではいけません。相手も女性です。しっかりとそのことを覚えておきましょう。女性はいつでもロマンチックなことにあこがれています。

サプライズやときめきなど、いつでも楽しくありたいものです。ですから、勝手に心を決めつけるのではなく、年上彼女をエスコートし、欲しいと思っている言葉や行動を贈るようにしてください。それこそが甘え上手というものです。

文字通り甘えるのもアリ?

時にはそのまま甘えるのもいいでしょう。子供のような一面を見せることで、母性本能をくすぐり、離れがたくなるのです。たとえば膝枕やただ抱き付くだけでも癒しの効果は高いでしょうし、向こうもそんなに負担だとは思わないはずです。甘え上手になって年上彼女を作りましょう。

年上彼女欲しい人が確認すべき点

l9sbshHf

年上彼女を作ろうと思ってもなかなか探しにくいものです。そんな人はちょっとポイントを踏まえるだけですぐに年上の女性と知り合うことができるようになるでしょう。これから挙げるポイントをしっかりと確認していきましょう。

年上女性が集まりやすい場所

年上の女性は基本的に若い子と同じような場所にいます。ショッピング街だったり、イベント会場だったり、人の集まるところであれば大抵出会うことができるでしょう。確認したいのは、「どんな年齢層が来ているものか」ということ。若い子に人気のスイーツなどはあまり好みではないという人が多いので、除外されますし、あまり女っ気のない場所でもなかなか出会うことはできません。彼氏探し方を熟知している年上の女性であれば、おしゃれなバーであったり、フェスなどでは気持ちも高揚しているので、誘いやすいと思いますよ。

年上彼女を作りたいのなら

年上彼女はすぐに作れるものではありません。欲しいと思ってもらえるなら苦労はしませんよね。そんな時は話術を身に着けましょう。きちんとした会話ができればまずは1ステップです。

それから、どこまで話を広げることができるかはあなたの能力次第です。自分がしっかり話せているかは友人などに確認してもらってもいいかもしれませんね。ぜひ身に着けて欲しい能力です。

年上彼女が望むものとは

年上の女性は年下の男性を恋人にする場合、何を望んでいるのでしょうか?それは若々しいパワーです。物理的な力強さよりも、行動力や包容力が高ければついつい靡いてしまうもの。ちょっとした気遣いも惹かれるきっかけとなります。また、欲しい時に欲しい言葉を描けることができたらなおグッドです。そう言った女性の心理を見極める力を蓄えておきましょう。

年上彼女が年下彼氏に望むもの

晴れて恋人関係になったとしても意外と長続きしないことが多いそうです。その理由としては、やはり価値観の違いがあります。「自分はこう思わなかった」「年下・年上のくせに」などやはり歳の差はネックになってしまいがち。しかし、ネックにしないように日頃から気を付けていればそんなトラブルは起こりません。相手を尊重する心が大切です。

年上彼女欲しいと思っているだけではダメ

年上の彼女欲しい?それだけではダメです。しっかり行動に移しましょう。町中でナンパしていても、若い子だからと言ってあしらわれるかもしれませんが、「まずはお試しで」なんて冗談を交えて、話しやすい環境を作ってください。意外と若い子から言い寄られて悪い気のする女性はいないものです。